メインイメージ画像

美容のために欠かせない栄養素をチェックしよう

美容や健康が気になる方に人気が高いのが、皆さんもご存知の青汁です。青汁はビタミンやミネラルなどを中心とした栄養素が潤沢に含まれています。食物繊維も豊富なので野菜が不足しがちなの食生活をしている方にも魅力的な健康食品です。

青汁と一言で言っても健康食品によって原材料に違いがあります。最もよく使われているのがケールです。ケールはアブラナ科の仲間である緑黄色野菜です。

ビタミンやミネラルや食物繊維がふんだんで野菜の王様として知られています。温暖な気候ならば育てやすいのも、一番青汁の原料として利用されている理由の一つです。その代わりに独特な味がするので人によっては飲みづらいのがデメリットです。

ケールと同様によく青汁の原料になっているのが大麦若葉です。大麦若葉は大麦が成長しきる前に収穫したものです。ケールと同様に栄養素が豊富でありながら、ケールのような特徴のある味がせずに飲みやすいと言うのが一番のメリットです。

尚に抗酸化作用に優れているSOD酵素というものもたっぷり含まれており、お肌の美容が気になる女性を中心に人気が高いです。八丈島原産の明日葉はせり科の植物です。耐性が強く、摘んでも翌日には新しい葉が生えてくる特性から明日葉と呼ばれているほどです。明日葉にはカルコンと呼ばれるポリフェノールの一種が豊富に含まれています。カルコンはメタボを解消するのに良いと言われています。メタボになると生活習慣病になる可能性が高くなるので、特に健康志向の方に人気が高いです。

桑の葉の栄養はたんぱく質やミネラル、食物繊維、カルシウムなどがとてもたくさん含まれています。抗酸化作用に効果の高いポリフェノールも含まれています。桑の葉にはコレステロールの値や中性脂肪値を下げる作用もあると言われていて、美容や健康の気になる方に人気が高いです。青汁の中にはこれらの原料を混ぜ合わせて作ったタイプもあります。ケールだけでは飲みにくくても大麦若葉をミックスすることで飲みやすくなります。はちみつやレモンを加えて飲みやすくした青汁もあります。

更新情報